毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮の変色

毛皮の変色の原因と予防

高価な毛皮は変色してしまったら?!とてもショックを受けるでしょう。
毛皮の変色にはいくつかの原因があります。
原因が分かれば、変色を防ぐことができるかもしれません。
また、気付かないうちにご自身で悪化させる行為をしていることも有り得ます。

ここでは、いくつかの変色の原因とその予防法についてお話ししましょう。

紫外線による自然劣化

毛皮は光に弱いため、日光や蛍光灯などの紫外線に当たり続けると、自然劣化を起こして変色してしまうことがあります。
毛皮のタンパク質が紫外線で化学反応を起こし、黄ばみの元となる物質を産生します。
白色系の毛皮が突然黄ばむ黄変の原因は、紫外線です。
シルバー系やダーク系の毛皮は、強い紫外線で赤褐色に変色したり、白く褪色するものもあります。
毛皮のメラニン色素との関係が、変色する色の差となるようです。
また、染色毛皮の場合、組み合わせ染料で染めるためその中の一つの染料だけが破壊され、色味が全く変わってしまう場合があります。
色素の破壊は蛍光灯の紫外線でも起こります。
主に破壊される色素は赤色で、茶色が緑色に傾いたり灰色がピンク色に傾く変色が起こります。

予防法は光を当てないこと。
保管する場所を考慮し、念のため布を掛けて光を遮断してください。

染料の変化

染色毛皮は、環境の影響を受けて化学反応を起こし、変色する場合があります。
ただし、しっかりとしたメーカーであれば、このような変色がないよう適切な処理を施しておりますので、染料の化学反応による変色は起こりません。
問題のある染料を使っていたり、染色の技術に問題があったり、或いは使用後の洗浄方法に問題があった場合など、変色が認められることがあります。
中には何枚も皮を組み合わせて製造された毛皮もありますので、1枚1枚の変色で全体に斑な色合いになることもあります。

予防法は、きちんとしたメーカー方購入すること、さらに正しい手入れや保管方法を守ること。
経年による劣化は避けられませんが、きちんとした扱いをしていれば、避けられる変色だと言えるでしょう。
専門家に依頼をすれば、染め直しをしてもらうことも可能です。

汚れの付着

毛皮は動物の毛ですから、埃を吸い込みやすく空気中に浮遊する塵や埃が付着してしまいます。
付着した塵や埃をそのままにしておくと、変色してしまう場合があります。
また、衿周りに化粧品が付着したり、香水が付いたりして、変色や褪色することもありますし、汗や皮脂がシミとなることもあります。

予防法は、着用後のメンテナンスをきちんと行うこと。
埃を手で払い、しっかりと毛皮を振って毛の中に付着した塵や埃もきちんと落とします。
さらに、雨や雪で濡れた場合にはしっかりと水分を拭き取り、汚れがある場合には固く絞ったタオルで拭き取るようにしてください。
落ちにくい汚れの場合には、中性洗剤をぬるま湯で薄めてタオルを浸して、固く絞って拭き取ると良いでしょう。
それでも落ちないときは、毛皮の取り扱いのあるクリーニング業者に依頼をすると良いですね。

変色した場合のケア

もしも毛皮が変色してしまったら、素人が直すことはできませんので下手にケアしようとするのはやめましょう。
毛皮は水分に弱く、皮に水分が沁み込むと硬化してしまうため、水を使ったケアをしようとして取り返しが付かない状態になることもあります。
下手に手を出さず、毛皮専門店、毛皮の修繕業者、毛皮の取り扱いをしているクリーニング業者などに相談をしてみましょう。
修繕が可能な場合もありますので、諦める必要はありません。

毛皮は、きちんとケアして使用すれば、問題なく30年程度は使うことができます。
しかしついうっかりケアを怠ってしまったり、保管方法を間違ってしまうと、せっかくの毛皮が台無しになってしまいます。
まずは正しいケア方法と保管方法を知ることですね。

«
»