毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮の魅力

毛皮の保温性

毛皮の魅力の一つに“保温性”が挙げられます。
ロシアではほとんどの方が毛皮を着用しています。
極寒の中、毛皮の帽子を被っている姿はよく知られているでしょう。
寒い日にはマイナス20度を記録するロシアやアラスカで好んで着られている毛皮ですから、その保温性がどれほど高いかが想像できますね。
日本はロシアほどの寒さはありませんので、首にフォックスのマフラーを巻くだけでも十分な暖かさを感じることができますし、ミンクやセーブルなどの高級で保温性の高い毛皮のコートを着用すると、コートの中は薄着でも全く問題ないでしょう。

また、ここ数年、日本ではムートンが流行しています。
ブーツや手袋やコートが流行っていますが、その暖かさは格別です。
ファッション性だけでなく、保温性が高いことが長い流行の理由の一つだと言えるでしょう。
ムートンには敷物として販売されているものもありますが、床に敷いて座ったり横になったりするとその暖かさを実感することができます。

毛皮の暖かさは、衣料としては非常に効果の高いものだと言えますね。

毛皮のファッション性

毛皮と言えば“ゴージャス”というイメージを持っている方は少なくないでしょう。
実際に毛皮のコートを着ている人を見掛けると、非常にゴージャスです。
毛皮には、ロングコート・ハーフコート・ジャケット・ストール・ショール・マフラーなどがあります。
ほかにもバッグや帽子などの小物など、非常に多くのアイテムがありますね。
最近は襟元に毛皮のマフラーを着けるだけのカジュアルな使い方や、バッグだけを毛皮にしてゴージャス感をUPする使い方など、若い方も上手に毛皮を使っています。

意外に思われる方も多いようですが、毛皮もリメイクすることが可能です。
ですからデザインが古くなってしまったコートをお直ししたり、若い頃に着たジャケットを年齢相応なデザインに変えるなど、おしゃれアイテムとして長期に渡って使うことができます。

何より、“毛皮のコートをサッと羽織るだけで”“毛皮のバッグを持つだけで”“毛皮のストールを巻くだけで”一気にゴージャス感が増して華やかになること間違いなしです。

長期に渡って楽しめる

毛皮は正しい手入れをしてきちんと保管をすれば、30年程度は楽しむことができます。
ですから、親から子へ受け継がれる毛皮も多く、高価なものであれば財産として遺すことも可能です。
毛皮は一般的な衣料に比べて価格が高くなっていますが、30年間使うことができると考えると、決して高い買い物とは言えない部分があります。
経年による劣化はあるにせよ、大事に手入れをしていれば問題なく着用することが可能です。

お手入れ方法

毛皮の魅力を存分に引き出すためには、きちんとした手入れが重要です。

①埃や汚れ

着用した日は、毛皮についた埃や汚れをしっかり取ってください。
埃を手で払い、よく振って毛の間に入った塵や埃を取り去ります。
また、汚れが付いている場合には、固く絞ったタオルで拭き取ってください。
ただし、皮の部分に水分が沁み込むと皮が硬化してしまいますので、気を付けましょう。

②水分

毛皮は水分を嫌います。
毛の部分は問題ありませんが、上記にもありますように皮の部分に水分が沁み込むことは避けなければいけません。
ですから、雨や雪で濡れてしまった場合には、なるべく早く乾いたタオルで水分を拭き取るようにしてください。
また、ジュースやコーヒーなどをこぼした場合にも、まず水分を拭き取り、続いて中性洗剤をぬるま湯で薄めてタオルを浸し、固く絞って汚れ部分を拭き取ります。
糖分が残っていたり、付着した色をそのままにしておくと、カビやシミの原因となってしまいます。
汚れが落ちない場合には、クリーニング業者に相談しましょう。

③自然乾燥

水分や汚れを拭き取ったら、日陰干しにして自然乾燥をしてください。
必ず完全に乾いてから、保管するようにしてください。

«
»