毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮の需要

時代背景と毛皮の需要

旧くは、毛皮を防寒として着用していた時代がありました。
その頃は毛皮は現在のような形ではなく、動物から剥がした毛皮をそのまま衣類として着用する形だったようです。
シンプルに、寒さ対策のための毛皮だった時代です。

日本で、毛皮の需要が非常に高まった時代があります。
ゴージャスな毛皮が似合ったバブル期です。
バブル期は男女問わず、本当に多くの方が毛皮を着用していました。
若い方でも、たくさんの方がミンクやフォックスのコートやストールを着用しており、まさにゴージャスな時代でした。

しかしバブルが崩壊して一気に日本の経済状況は悪化し、さらにリーマンショックで追い打ちをかけました。
ゴージャスな毛皮よりも実用性を重視したアイテムを求められる時代になり、最近は手入れも簡単で安価フェイクファーが人気を集めています。

毛皮需要の低迷の理由

毛皮の需要が低迷した背景には、上記にもありますように“バブルの崩壊”があります。
経済状況の悪化は茶の間を直撃し、家計から贅沢は排除されました。
結果的に毛皮の需要は低迷し、バブル期のような華やかさはなくなったのです。

一方で、中国で量産された毛皮が日本に入ってきました。
中国産の安価の毛皮は注目されましたが、作りが雑な毛皮は需要を高めるキッカケにはなりませんでした。
むしろ、粗雑な中国産のリアルファーよりも、丁寧に作られた国産のフェイクファーが人気を集め流行を生んだのです。

再び需要が高まりつつある毛皮

フェイクファーが流行ったことでリアルファーにも興味を持つ方が増え、さらに不景気が緩やかに回復傾向にあることも手伝って、ここ1~2年は毛皮の需要が回復傾向にあります。
もしもお宅に眠っている毛皮がある場合には、需要が高まった今が売却するチャンスでしょう。
需要が高まると、同じものでも買取価格が高くなります。
買取業者では、売れるものは高く買い取りますし、売れないものは必然的に安くなってしまいます。
ですから、着ない毛皮の売却を考えているのであれば、そろそろ動き出しても良いかもしれませんね。

毛皮を求める世代

毛皮の需要が高まりつつある昨今、毛皮を求める年代に面白い現象が怒っています。
バブル時代を生きた50代以上の年代は、やはり毛皮の良さを知っている年代と言えます。
そのせいもあってか、良い毛皮を求めるのは50代以上の年代の方が多くなっています。

さらに、フェイクファーが流行ったことでリアルファーにも注目し始めたのが、20代~30代の世代です。
20代~30代の女性の場合、毛皮の良さよりもデザイン重視ですので、毛皮の種類や保温性や耐久性よりも気に入ったデザインのものを購入する傾向にあります。
ただし、価格は購入しやすい価格帯のものを求める場合が多く、高い物を一着購入するよりも安価のものを数着持つという方が多いようですね。
コートなどの衣類だけでなく、帽子やマフラー、バッグなどの小物も上手に取り入れているようです。

50代以上の年代の方の場合、良いものを一着購入して大切に着るという方が多いようです。
バブル期にゴージャスな毛皮を身に付けた年代ですが、最近はシンプルものに人気が集まっています。
また、毛皮のマフラーやストールをオシャレに身に付けて楽しむ方も多く、毛皮をファッションに上手に取り入れている方が増えています。

毛皮の売買

着用しなくなった毛皮を買取業者で買い取ってもらう方がいる一方で、中古の毛皮の需要はなかなか伸び悩んでいます。
中古の毛皮の需要が低ければ、必然的に買取価格は安くなってしまい、悪循環となってしまいます。
一般的に30万円で購入したミンクでも、買取査定額は30,000~35,000円程度となってしまいます。
これは、特別安い価格を付けられたというわけではなく、一般的な買取価格なのです。
そうなると「高かったのに・・。こんなに安いなら売るのはもったいない」と思う方も多いようですね。
しかしもしも毛皮に適さない保管状態で毛皮を保管し続けた場合、毛皮はどんどん劣化してしまいます。
毛皮の保管はそれだけで手間も神経も使いますし、劣化してからでは売却することもできなくなってしまいます。
ただ保管しておくだけなら、売却することをお勧めします。

«
»