毛皮についてA|毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!記事一覧

毛皮は古いものでも買い取りをしてもらうことができます。その際、少しでも高い値段を付けてもらうためには、いくつかのポイントがあります。毛皮のコンディション買い取る側の立場に立ってみると、同じ毛皮ならコンディションの良いものに高い値段をつけるのは当たり前のことです。毛皮ひとつにも様々な思い入れがあるかもしれませんし、或いは『元々は高価なものだった』ということもあるでしょう。しかし買い取る側にしてみれば...

バブル真っ只中の時代、ゴージャスな毛皮を着た老若男女がたくさんいました。当時は、毛皮を持っていることが珍しいことではなく、今のような手軽に使えるフェイクファーを着用している人の方が少なかったでしょう。現在、カジュアルにフェイクファーを楽しみ、コートやストールだけでなくバッグや財布などの小物もファーを手軽に楽しむ時代となりました。しかしその一方で、やはり本物への憧れも強くあるようです。最近は毛皮のリ...

旧くは、毛皮を防寒として着用していた時代がありました。その頃は毛皮は現在のような形ではなく、動物から剥がした毛皮をそのまま衣類として着用する形だったようです。シンプルに、寒さ対策のための毛皮だった時代です。日本で、毛皮の需要が非常に高まった時代があります。ゴージャスな毛皮が似合ったバブル期です。バブル期は男女問わず、本当に多くの方が毛皮を着用していました。若い方でも、たくさんの方がミンクやフォック...

毛皮は布などと違って特別なルートで販売されているような印象を持っている方が多いようですが、実は一般の人でも簡単に手に入れることができるのです。現在はネット販売などもありますので、お近くに毛皮を扱っている店舗がなくても簡単に購入することができます。小さな毛皮であれば、必要な枚数を購入して縫い合わせて利用します。始めて購入する方は、手頃な価格のラビットであれば購入しやすいのではないでしょうか。また、「...

毛皮は適した環境で保管しなければ劣化が進みます。つまり、使っていない毛皮をもったいないからという理由で取っておいても、保管状況が悪ければ劣化して価値が下がってしまう恐れがあるのです。毛皮は光に弱く、埃が苦手です。日光や蛍光灯などの紫外線を嫌い、湿気が天敵です。温度10度以下、湿度は50%程度がちょうどいいでしょう。また、毛皮はゆったりと余裕を持って収納しなければ、毛が潰れたり型崩れを起こしてしまい...

今年離婚をしました。結婚していたときに、義理の母から毛皮のコートを買ってもらいました。一緒に買いに出掛けたので値段も知っていますが、80万円のものでした。ミンクの毛皮です。毛皮は着る機会がないまま離婚に至ってしまい、新品のまま持って来てしまいました。今は狭いアパートに一人で暮らしていますので、毛皮のコートを毛が潰れないようにゆったり収納しておく場所もありません。私は不要なものは全て処分したいと考え...

現在、毛皮はオシャレをする目的も兼ね備えた防寒具となっていますが、旧くは毛皮で暖を取ることを目的としていた時代がありました。そうです、毛皮は保温性に優れた衣料だと言えるのです。最近、冬になると多くの方がムートンを着用しています。特にムートンブーツは非常に人気が高く、若い女性の冬の必須アイテムとなっていますね。ムートンは毛皮の中でも最も保温性が高いと言われており、ムートンブーツ以外にもムートンの手袋...

毛皮は冬の間に活躍し、冬の終わりと共にクローゼットの中にしまわれます。気になるのは、保管前のお手入れ方法ではないでしょうか。しかし重要なのは、意外なことに保管前のお手入れよりも日々のお手入れです。埃を払う毛皮は埃が付きやすく、1度の着用でも大量に埃を吸い込みます。吸い込んだ埃をそのままにしておくと、毛皮を傷めて劣化させ、抜け毛の原因にもなります。着用後には軽く手で叩いて埃を落とし、毛を傷めないよう...

毛皮の劣化は、どんなに丁寧に扱っていても避けられることではありません。ただし、丁寧なお手入れが行き届いている毛皮であれば、劣化を遅らせることは可能です。毛皮の経年による劣化は避けられません。だからこそ、丁寧なお手入れと良い保管状態は重要なのです。

今でこそフェイクファーが流行り、若い人たちがカジュアルにファーを着こなす時代になりましたが、バブル絶頂期にはゴージャスな毛皮を持つ人が老若男女に関わらずいました。そして「当時の毛皮はほとんど着ていない」という方がほとんどではないでしょうか。高価なものだったことが処分する気持ちを躊躇させ、だからと言って着ることもせず、ただタンスの肥やしになって幅を取っているのが現状ではないでしょうか。毛皮買取業者も...

毛皮の魅力の一つに“保温性”が挙げられます。ロシアではほとんどの方が毛皮を着用しています。極寒の中、毛皮の帽子を被っている姿はよく知られているでしょう。寒い日にはマイナス20度を記録するロシアやアラスカで好んで着られている毛皮ですから、その保温性がどれほど高いかが想像できますね。日本はロシアほどの寒さはありませんので、首にフォックスのマフラーを巻くだけでも十分な暖かさを感じることができますし、ミン...

高価な毛皮は変色してしまったら?!とてもショックを受けるでしょう。毛皮の変色にはいくつかの原因があります。原因が分かれば、変色を防ぐことができるかもしれません。また、気付かないうちにご自身で悪化させる行為をしていることも有り得ます。ここでは、いくつかの変色の原因とその予防法についてお話ししましょう。紫外線による自然劣化毛皮は光に弱いため、日光や蛍光灯などの紫外線に当たり続けると、自然劣化を起こして...

毛皮のラムは生後6ヶ月〜1年以内の子羊の毛皮のことです。ラムが大人になるムートンになります。動物は一般的に、毛が刺し毛と綿毛で構成されていますが、ラムは綿毛がなく刺し毛だけの品種が多くなっています。品種によって毛の形状が異なり、巻き毛、直毛、縮毛、波打つような波毛など、非常に様々です。地域や品種によってそれぞれの特色があるのもラムの特徴です。ラムの価格は品種によって安価で求めやすいものから高額な高...

チンチラの毛皮をご存知でしょうか。チンチラはネズミの一種で、耳の大きな大柄のネズミです。現在もペットショップで見かけることがあるでしょう。チンチラはワシントン条約の対象となっている動物ですが、国内で毛皮として生産されることには全く問題はなく、今も人気の毛皮の一つとなっています。チンチラの毛皮は毛皮の中でも非常に肌触りが良く、高価で高級な毛皮として知られています。美しい銀灰色をしており、古くから防寒...

シェアードミンクは、フワフワのミンクの毛を短く刈ってベロアのような見た目にしたものを言います。そうです。あのフワフワのミンクの毛をわざわざ短く刈ってしまうのです。毛皮に詳しい人でなければ一見して見分けることはできず、ベロアだと思われてしまうため、非常に贅沢な加工だと言えますね。ただし、触ってみるとミンク特有のしなやかさがありますので、ベロアではないということが分かるのではないでしょうか。元々、重量...