毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮のお手入れ方法

毛皮を着用した際の手入れ

毛皮を着用したら、着用後にはキレイに洗った手の平で毛皮全体を軽く叩いて埃を払ってください。
毛の間に入り込んだ埃を取るために、毛皮を逆さにして手の平で再度毛皮を叩きます。
型崩れに気を付けて太めの木製のハンガーにかけ、埃除けの布をかけてクローゼットにゆったりと収納しましょう。

汚れを見つけた場合には、すぐに固く絞った蒸しタオルで汚れ部分を軽く叩いて汚れを取り除いてください。
取れない場合には擦ったり強く叩くようなことはせず、毛皮の取り扱いがあるクリーニング業者に依頼をしましょう。

また、毛皮にはタバコや香水のニオイが付きやすいため、注意が必要です。

雨に濡れた場合のお手入れ

雨に濡れた場合、或いは雪も同様です。
毛皮をよく振って水を切って、乾いたタオルで丁寧に拭きます。
水分を拭き取ったら、型崩れしないように太めの木製のハンガーにかけて通気性の良い日陰に干して乾かします。
完全に乾いたことを確認して、保管します。
ただし、濡れた水分の量が多い場合には、皮が硬化したり破れる場合もありますので、なるべく濡れないようにした方が良いですね。

毛にクセが付いた場合のお手入れ

保管の仕方などによっては、毛皮の毛に変なクセが付いてしまうことがあります。
そのような場合には、濡れタオルで毛先を濡らすか、霧吹きで軽く濡らしてクセを直します。
手や櫛などで毛並みを整えて、通気性の良い日陰に干して乾かします。
必ず完全に乾くまでは保管しないでください。
カビや硬化の原因となってしまいます。
また、皮の部分は濡らさないよう気を付けましょう。

ジュースなどをこぼした場合のお手入れ

水をこぼしたときは、すぐに水分を拭き取ると良いですね。
固く絞った蒸しタオルで軽く押えるように取り除いてください。
その際、皮の部分に沁み込まないようにしなければいけません。
ジュースなどの糖分を含んだものや、コーヒーやお茶など色の付いたものをこぼした場合にも、同様に水分を拭き取らなければいけません。
ただし、毛皮に糖分が残ると虫食いの原因になりますし、色が残ってしまう場合もありますので、そのような場合には毛皮の取り扱いのあるクリーニング業者に依頼をしてください。

毛皮の風合いを戻すお手入れ

毛皮の毛をふわっとさせるためには、毛に付着した汚れを取り去る必要があります。

用意するものは、シャンプー・リンス・お酢です。
容器にシャンプーを少量入れて1,000倍程度の濃度になるように水を入れ、キレイなタオルをシャンプー液で濡らして固く絞ります。
毛の部分を優しく拭き取ります。
次にシャンプー同様にリンスの薄め液を作ってタオルを濡らして固く絞り、毛の部分を拭き取ります。
いずれもニオイのキツイものは避けましょう。
最後に、10倍に薄めた酢でタオルを絞って、同様に拭き取ります。
お酢は雑菌作用があり毛を柔らかくする作用がありますので、仕上がりがふわっとします。
太めの木製のハンガーに毛皮をかけ、日陰干しで自然乾燥をします。
完全に乾いてから、軽くブラッシングをしてください。
ただし、拭き取るのは毛の部分だけにし、皮には水分が付かないようにしてください。
皮は濡れると硬化しますので、気を付けてください。

クリーニングに出す場合

毛皮を家で洗うことはできませんので、絶対にしてはいけません。
「ちょっと試しに・・・」という気持ちが後悔の元です。
絶対にやめましょう。
毛皮を洗いたいときには、基本的にはクリーニング業者に依頼をしましょう。
必ず毛皮の取り扱いがある専門クリーニング業者に『毛皮専用のパウダークリーニング法』を指定して依頼して下さい。
『パウダークリーニング法』は、カエデやトウモロコシなどの芯から作られたパウダーに洗剤を染み込ませ、回転洗浄機でクリーニングする方法です。
パウダーが汚れを吸着するためキレイでソフトな仕上がりになり、パウダーに油脂分や色素が少ないため毛皮に影響することがほとんどありません。

ドライクリーニングの場合、溶剤に毛皮を浸け込んで洗うため、皮が硬化したり縮んでしまう場合もありますので、避けた方が良いでしょう。

«
»