毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

高価な毛皮を高く買取してもらう為にはどうすればいい?

毛皮はとても高く、新しい毛皮を購入する際には今着ている毛皮を売却して新しい毛皮の購入費用の足しにする人がいます。
それを可能にするには高い値段で買い取ってもらうことが大事です。
どのようなものを高く買取るのか、そのために何ができるのかを知っておくだけでかなりの違いとなっていきます。

毛皮を売る選択肢としては買取店に持っていくパターンと買取業者に家まで出張してもらって買い取ってもらうパターンなどがあります。
ここで大事なのはだいたいどのくらいの買取査定額になるのかを事前に把握することです。
例えばミンクのロングコートでも、買取店によって買取価格が全く異なることがあります。
買取査定額を出してもらえばおおよその買取相場を知ることができます。
そしてより高いところで毛皮を売却することができるため、重要な情報の1つとして買取査定額は知っておかないといけません。

一方実際に買取をしてくれる買取店の中でも、毛皮以外のものを取り扱っているところと毛皮の買取専門店では毛皮によって買取査定額に変化が見られます。
ロシアンセーブルは毛皮の中でも最高級の扱いであり、希少価値が高いです。
毛皮買取の専門であれば当然ながらロシアンセーブルの価値はわかっています。
一方で毛皮以外のものを扱っているところはそのあたりがよくわかっていないため、びっくりするほど安い買取額をつけることもあります。
フォックスなどの刺毛と綿毛のバランスのいいものやチンチラのように綿毛だけのものなどを持っていく必要があります。

買取店に持ち込むタイミングも大事です。
毛皮にも需要があり、需要が高い時にお客さんに販売できるだけの量を確保したいと考えています。
少しでも多くの毛皮のロングコートやハーフコートを揃えるとすればお金に糸目はつけないケースも見られます。
毛皮の需要が高まりそうな時期に売却することで高く買取してもらえる可能性がグッと高くなるという構図です。
そのため秋口まで待って毛皮を売却するのが一番です。
毛皮は寒くなり始めてから春の訪れが見られるまで着られ続けます。
秋口まで毛皮買取のタイミングを待てば高価買取も夢ではありません。

毛皮の買取価格はちょっとしたことで下がってしまうため、注意が求められます。
例えば明らかにタンスに放置した毛皮だったものと分かるケースです。
毛皮をタンスに放置していたのが明らかであれば、仮にちょっとした虫食いや汚れ、ホコリなどを見つけるとしっかりとした保管がなされたとは思いません。
ブラッシングをちょっとしておくだけでも印象は大きく変わります。
もし買取をしてもらう際は陰干しを行ったり匂いを飛ばしたりして、ちゃんと毛皮を保管をしていたと言えるような状況にしておかないといけません。

また毛皮を購入したときの保証書を確保しているかどうかも大事なポイントです。
それが本物の毛皮であることを証明してくれるだけでなく、ちゃんとしたブランド品であることが分かった状態で買取査定できます。
鑑定士がいるところではこうしたものがなくても本物と偽物の区別をしてくれますが、保証書があれば鬼に金棒です。
少しでも高く買取を求める際には、買取のお願いをする前に保証書を探しておくことが必要です。

タイミングと簡単な手間をかけるだけで高価な毛皮を高価な状態で買い取ってくれるため、しておくべきことはしっかりとやっておくことが重要です。
特にロシアンセーブルなどの高級な毛皮だった場合にはそれだけのポテンシャルを秘めており、やれることはすべてやったと胸を張れるだけの手間隙をかけて全く損はありません。
そして今後売却するかもしれない毛皮があれば、虫食いがないように保存していくだけでなくできるだけ毛皮に匂いをつけない形で防虫剤などをチョイスしていくことも大切です。

«