毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

チンチラの毛皮を買取してもらうといくらになる?

季節の変わり目になると衣類の整理がつきものですが、多くの衣類を持っている方にとっては、来年も着られそうなものと捨てるものに仕分けるだけでもかなりの時間と労力を割いてしまう大仕事となります。
衣類整理の際に、ワンシーズンで着倒すつもりで購入したものであれば名残惜しくもなく手放すことができますが、やはり大枚を叩いて購入したような衣類やコート、靴などはなかなか手放す決意をしがたいものです。
その代表とも言えるのがコートやジャケットなどのアウターが挙げられます。
コートやジャケットはいわゆるプチプラという商品は素材の悪めだちが過ぎることがあり、それなりの機能やデザイン、見た目の品、素材にこだわるとなるとそれに応じて額が跳ね上がってしまいます。
中でも動物の毛皮が素材になっている製品は非常に高価なもののひとつであり、購入する時も手放す時も非常に悩ましい衣類の一つと言えます。
しかしながら、動物の毛皮を用いた高級な製品は古いものでも高値で売ることができるため、思い切って査定に出すのも一つの選択肢です。
毛皮のコートといっても非常に種類が多く、動物の種類だけでなくコートの丈によってもその価値は大きく変動します。
例えば、チンチラの毛皮は数ある動物の毛皮の中でも最高級と呼ばれるものの一つであり、高値で取引がされています。

コートなどに用いられる動物の毛皮にはフォックスやラビットを始めとして、ミンク、ラクーン、ラム、オポッサム、セーブル、そしてチンチラなど幅広いものが挙げられます。
中でもチンチラの毛はガードヘア、もしくは刺し毛と呼ばれる外側の硬い毛が退化しており、柔らかい綿毛(アンダーコート)の密度が高いため手触りがよく、また保湿性も優れています。その毛の密度は他の毛皮に類を見ないほどの緻密さで、一つの毛穴から生えるガードヘアが一本なのに対し、綿毛はなんと50から100本生えると言われています。
この緻密さが、絶妙の柔らかい手触りと心地よい保湿性を実現しているのです。
しかしながら、チンチラの毛皮は個体あたりから獲れる量が非常に少なく、一つの製品の製作のために多くの個体が必要となるため、チンチラの毛皮が使用された製品は非常に高級なものとして知られ、高級ブランド品などで材料として珍重されています。
同じ毛皮製品の買取の査定額を比較すると、例えば多くの毛皮を使用するロングコートでは、より一般的なミンクコートやフォックスでは30000円ほどでも、チンチラのロングコートでは150000円を超えるとも言われており、これは同じく最高級品の毛皮と言われているセーブルのロングコートと同等かそれをも凌ぐ高値と言えます。
より毛皮の使用量が少ないショートコートでも、チンチラの毛皮を使用したものは70000円ほどで、ハーフコートでは50000円、ひいてはショールでも30000円程度となっています。
チンチラの毛皮を使用した製品をお持ちの方は、無料査定に出してみる価値が大いにあります。
ただし、チンチラの毛皮はガードヘアが退化している非常にデリケートであり劣化が早く、取り扱いが難しいという難点があります。
適切な方法でケアをしている製品ならば、どのような製品でも高額査定は難しくないでしょう。
これらの買取額は、査定をするお店によって当然変わってきますし、高値で取引がされるチンチラの毛皮製品ならばその値段の幅はより大きくなります。
お店によって、ブランド品・非ブランド品にこだわらず査定を行うお店や、古い製品の査定に力を入れているお店、自宅でクリーニングのサービスも行っているお店など様々なので、損をしないためにも入念に査定をしてもらうべきと言えるでしょう。

«
»