毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮について①

気軽に身に付けたい毛皮のラビット

ラビットの人気

ラビットは流通している毛皮の中でも、5本の指に入る人気の毛皮です。
寒い時期になると、毛皮を身に付けて防寒とおしゃれの両立を果たしている素敵な方が目立ちます。
毛皮と言えばゴージャスなイメージですが、最近は非常にカジュアルなデザインのものも増えているようですね。
そして何と言っても毛皮の魅力はその保温性ではないでしょうか。
おしゃれをしながら保温性にも優れている毛皮は、女性にとっては嬉しいアイテムの一つだと言えるでしょう。

とは言え、毛皮はなかなか手が出ない価格帯のものが多く、簡単に楽しむことができないという方も少なくありません。
しかしラビットは非常に安価で求めやすく、若い方にも人気があります。
コートなどの衣類だけでなく、バッグやキーホルダー、帽子、マフラー、アクセサリーなどの小物としても非常に人気の高い毛皮です。

ラビットの魅力:低価格

毛皮=高額 というイメージは拭い切れないものでしょう。
実際に、数十万円、数百万円、さらには1000万円を超える毛皮もあります。
しかしそんな中、ラビットは非常に低価格でお求め安く、初めて毛皮を買う方でも気軽に購入できるという利点があります。
毛皮には興味があっても、いきなり高額な毛皮を購入することには誰でも抵抗があるでしょう。
ラビットは安価で丈夫な毛皮ですし、ラビットの中でも様々な種類がありますので、初心者でも楽しむことができます。

ラビットの魅力:軽さ

毛皮は、長時間着用するには重さが気になるという方も多く、重さがネックとなっているとも言えるでしょう。
しかしラビットは非常に軽く、ほかの毛皮では感じることのできない肩の凝らない着心地を味わうことができます。
見た目通りのフワフワ感は肌触りが良く、毛質は硬すぎず柔らかすぎない心地よさがあります。
また、毛皮が軽いことで裏地を厚めにしても問題はなく、保温性の高いコートを仕上げることができます。
若い方から大人の方まで多くの年代の方たちに人気のあるラビットは、様々なものの素材として楽しまれています。

ラビットの魅力:カラー

そして何と言っても、ラビットは非常にカラフルな毛色が楽しめます。
ウサギは茶色や白、グレーや黒など、非常に多彩ですので、染料で染めることも無く色を楽しめる毛皮です。
自然の色合いを楽しめることもラビットの魅力の一つですが、微妙な色合いの違いが“自分だけの色”を見つけることを可能にします。
カラフルな毛皮はファッション性に富んでおり、オリジナル性の高い毛皮だと言えるでしょう。

ラビットの魅力:小物

ラビットは、実に様々な商品化がされている毛皮です。
一般的に毛皮と言えば衣類が多く、コートやジャケット、マフラーやストールなどが多い印象でしょう。
しかしラビットは衣類だけでなく、アクセサリーやキーホルダー、バッグやポーチなども作られています。
軽い毛皮なので、非常に扱いやすいのも小物が多い理由かもしれませんね。
コートは高額になってしまうけど、小物であれば安価で購入できるということもあるでしょう。
ラビットは幅広いアイテムで非常に人気の高い毛皮となっています。

ラビットのお手入れ

毛皮は全般的に水洗いすることができません。
と言うのも、毛の部分は多少の水分がついても自然乾燥でしっかり乾燥させれば問題ありませんが、皮の部分に水分が沁み込むと皮が硬化してしまうからです。
できるだけ汚さないように、濡れないように使用すること、面倒なお手入れがストレスで、毛皮を着ることが嫌になってしまう方も多いようです。
しかしラビットは、毛の部分にドライヤーの風を当ててブラッシングをすることができる毛皮です。
また、毛がヘタってしまった場合にも、スチームを当てて簡単に復活させることができるので、お手入れが簡単な毛皮だと言えるでしょう。

ラビットはファッション性に富み、軽くて着用しやすい毛皮です。
お手入れも簡単なので、着用が楽しみになるでしょう。

希少価値の高い毛皮

希少価値の高い毛皮の価格

希少価値の高い毛皮は、非常に高値で取り引きされます。
毛皮の買取は一般的に、宝石や貴金属に比べても購入時の価格との差が大きくなることで知られています。
しかし希少価値の高い毛皮の場合は、中古であっても高い価格が付けられることが多いでしょう。
ただし、どんなに希少価値が高い毛皮であっても状態が悪いものは高い価格は付きませんし、状態によっては買取できないという場合もあります。
あくまでも“状態が良い”ということが絶対条件になりますので、希少価値の高い毛皮をお持ちの方は普段のお手入れや保管前のお手入れはしっかり丁寧に行いましょう。

希少価値の高い毛皮とは?

では、希少価値の高い毛皮とは、どんな毛皮でしょう。
一言で言うと、あまり出回っていない珍しい毛皮ということです。
例えば、ロシアンセーブルの場合、天然のセーブルよりも養殖のもののほうが色味が濃く高値が付きますが、実は天然でも最も色が薄いゴールデンロシアンセーブルは希少価値が高く価格も高くなっています。
かつてはある程度の数が確保できていたゴールデンロシアンセーブルですが、現在は数も出回っていないため、希少価値が高くなったと言えるでしょう。

また、以前は販売されていた毛皮のタイプがブランド側の都合で販売が中止された場合、出回っている数に限りがあるため、人気のある商品であれば希少価値が高くなります。
しかし人気がなくて廃盤になったものやかなり数多く販売されたものの場合には、希少価値が高いとは言えません。
ただし、販売当時は人気がなかった商品でも、廃盤以降に人気が高くなるケースもありますので、一概には言えませんね。

希少価値の高い毛皮の売却

希少価値が高い毛皮を買取業者で買い取ってもらう場合、非常に重要なことは『その毛皮が希少価値が高いということを知っている業者である』ということです。
毛皮の査定ができない買取業者はあります。
そういう買取業者へ行ってしまうと、毛皮の価格は一律で『ロングコート○○円~〇〇円』『ストール○○円~○○円』と決まっています。
どんなに希少価値の高い毛皮を持ち込んでも、毛皮に詳しくない人にとっては“毛皮は毛皮”です。
知らなければ高値を付けることもありません。
ですから、希少価値の高い毛皮を買取業者で買い取ってもらいたい場合には、まず毛皮を専門に取り扱っている買取業者を探すことから始めなければいけません。
毛皮の鑑定士が居て、たくさんの毛皮を取り扱っている買取業者であれば、納得できる価格を付けてもらうことができるでしょう。

ワシントン条約で持ち込めない毛皮

かつては持ち込み可能だった毛皮でも、日本がワシントン条約に加盟した1980年より、持ち込むことができなくなった毛皮もあります。
そういった毛皮はもう二度と持ち込まれることがないため、それ以前に購入したものは希少価値が高くなります。
ただし、やはり状態が良く、ニーズがなければ価値が高くなることはありません。

ワシントン条約は、“絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約”という正式名称があります。
1973年にワシントンで採択されたことで『ワシントン条約』という通称が付けられたものです。
この条約の目的は、国際取引で生存が危うい、或いは絶滅の危険がある野生動植物を保護することです。
世界約170ヶ国が加盟し、日本は1980年にその意思を示しました。

ワシントン条約で持ち込めなくなった毛皮には、“トラ”“ヒョウ”“チーター”“ジャガー”“ヴィクーニャ”があります。
ワシントン条約への加盟から日本は既に37年経過しておりますので、存在するとしても非常に古いものとなってしまいます。
状態が良ければ、非常に希少価値の高い毛皮となるでしょう。

ロシアンセーブルの魅力

最高級の毛皮

毛皮と言えば“ミンク”が有名ですね。
毛皮に詳しくない方でも“ミンク”という名前だけは知っているという方も少なくないのではないでしょうか。
セーブルはミンクと同様にイタチ科の動物で、日本ではクロテンと呼ばれています。
毛皮としてはセーブルの中でも“ロシアンセーブル”が最高級と言われており、見た目に美しく暖かで軽い上に丈夫と全てを兼ね備えた毛皮です。

ロシアンセーブルの種類

ロシアンセーブルには、ワイルド(野生)とファーム(養殖)があります。
一般的に野生のものは価値が高いということが多い中、ロシアンセーブルの場合はファーム(養殖)の価値が高くなっています。
というのも、毛皮として出回っているロシアンセーブルの80%はワイルド(野生)で、非常に気性の荒いロシアンセーブルの養殖は難しいと言われているからです。
また、ファーム(養殖)のロシアンセーブルは色が濃く、ワイルド(野生)の数種類の色分けに比べて安定しているのも特徴です。
ワイルド(野生)は、3番色~7番色がと濃さで色分けされます。

ロシアンセーブルの特徴の一つに白い刺毛のシルバリーがあり、このシルバリーの量でその価値は決まります。
シルバリーは白いため、毛の色が薄いものよりも濃い色の方が良く映え、さらに価値が高くなります。
ですから薄い色のものの場合、シルバリーが目立たないため、シルバリーがあっても価値が上がることはありません。
ただし、一番色の薄い7番色は“ゴールデン”という呼び方をされ、色が薄いものの中では価値高くなっています。

ロシアンセーブルの魅力

上記でも少し触れましたが、セーブルはイタチ科の動物で日本では“クロテン”と呼ばれています。
寒い地域に生息する動物ですのでその毛皮の暖かさは格別で、マフラーにセーブルを使っただけでも真冬の寒さをしのぐには十分だと言われています。
さらに非常に丈夫なので、ほかの毛皮に比べて長持ちするのも特徴です。
毛皮にすると保温性が高く、見た目の美しさや軽さなどで高く評価され、非常に人気の高い優れた毛皮だとされています。

ロシアンセーブルは、長くて肌触りの良いしなやかな毛を持っています。
密集して生えそろっている毛は保温性を持ち、軽くて丈夫なので非常に優れた毛皮です。
何より、見た目の美しさに魅了される方は多く、1着目のロシアンセーブルは見た目に惚れて、着用してみて着心地や暖かさなどロシアンセーブルの魅力を知ることになるとも言われています。
特に、シルバリータイプは非常に美しく、希少価値が高くて高価になります。

ロシア以外のセーブル

セーブルはロシアンセーブルだけではありません。
ロシア以外に生息するセーブルも存在します。
アメリカやカナダに多く、それぞれ“アメリカンセーブル”“カナディアンセーブル”と言われています。
カナディアンセーブルは“ハドソンベイセーブル”とも呼ばれ、カナダのセーブルの中でも最高級とされています。
色は、薄い茶から黒まで様々です。
人気のある黒褐色に染色されることが多く、天然色のものよりも染色されたものが多く出回っています。
セーブルは、アメリカからアラスカまで広い範囲で生息し、生息条件によって毛の色も異なります。
最も人気の高いアイテムはマフラーで、首周りにセーブルを用いるだけで十分暖かいとも言われています。

高価買取

セーブルの中でも高価買取されるセーブルは、ロシアンセーブルのファーム、濃い色合いでシルバリーが入っているものです。
ただし、やはり状態が悪ければ高価買取は難しいでしょう。
毛並み・毛艶が良く、汚れやカビ、型崩れや皮の硬化などがないものであれば、高い査定が期待できるでしょう。

リアルファーとフェイクファー

ファーとは

ファーとは、いわゆる毛皮のことです。
どんな毛皮であっても、全てファーという言い方で間違いはありません。
ファーの中には“リアルファー”と“フェイクファー”があり、本物の毛皮を“リアルファー”と呼び、人口の毛皮を“フェイクファー”と呼びます。

リアルファー

本物の毛皮であるリアルファーは毛皮の種類によりますが、毛のしなやかさや毛艶、綿毛の密集度、暖かさなど、使い心地はフェイクファーに比べると良いでしょう。
ミンクやロシアンセーブルなどの高級な毛皮はもちろんのこと、フォックスやラビットなどの比較的安価なものであってもリアルファーの持つ本物の良さを感じることができるでしょう。
見た目には分からない場合でも、触り心地や使用感には差があるため、比較すると本物の良さが分かります。

ただし、リアルファーはきちんとしたお手入れが必要です。
雨や雪に濡れた場合には、しっかりと水分を拭き取って日陰で自然乾燥させなければいけません。
また、ジュースやコーヒーなどをこぼしてしまった場合には、中性洗剤やシャンプーをぬるま湯に溶かしてタオルを浸し、固く絞って汚れを拭き取ります。
ゴシゴシ擦ると毛を傷めることになりますので、優しく毛並みに沿って拭き取ってください。
汚れが取れない場合には、毛皮の取り扱いをしているクリーニング業者に依頼をしてください。
そのままにしておくとシミになったりカビの原因になることもあります。
皮の部分に水分が沁み込んでしまうと、皮が硬化するので気を付けなければいけません。

また、保管には毛が潰れないようにゆとりのあるスペースが必要です。
ゆったりとかけて、毛が潰れないようにしてください。

リアルファーは手入れも保管も手間がかかりますが、本物の良さがありますし、手放す際には買い取り業者に買い取ってもらうことができます。

フェイクファー

人口の毛皮であるフェイクファーは、そのクオリティーによって毛質や毛並み、毛艶などが全く異なります。
見た目だけでなく使い心地や暖かさなども、フェイクファーのクオリティーによるものとなるでしょう。
中にはフェイクファーであってもそれなりの価格で相応のクオリティーのものもありますし、安価で手軽に楽しめるものもあります。

フェイクファーの良さは、何と言ってもその手軽さでしょう。
家庭で手洗いできるものも少なくありませんし、多少濡れたからといって慌てて手入れをする必要もありません。
ただし、汚れはしっかりと落とし、濡れたものは日陰干しをして自然乾燥させ、保管する前に完全に乾燥させなければいけません。
こういったことは普通の衣類と同様に考えると良いですね。

フェイクファーは普段使いにあるととても重宝します。
ただし、保温性は低いものが多いので、あくまでもファッションとして考える必要がありますね。

リアルファーとフェイクファーの違い

見るからにフェイクファーだと分かるものもありますが、最近は全く見分けが付かないものもあります。
「本物です」と言われれば、「なるほど本物ですか」としか思えないものも多くなっています。
ですから本物を購入する際には、ブランド物であることが一つの本物である“証明”になるのです。
しかし中にはノンブランドの毛皮もありますし、ブランド物の毛皮でも保証書を紛失したものもあるでしょう。
そのような場合、自分で目利きができなければ専門家に依頼をして鑑定してもらう以外、方法はないでしょう。
毛皮を取り扱っているリユースショップであっても、実は毛皮の目利きができる店員がいないというお店はたくさんあります。
そのようなところで適当な目利きで『本物』だと言われて、偽物を掴まされる危険もあるということです。
ですから、まずは毛皮の専門家がいるかどうかの確認をする必要があるでしょう。

確実にリアルファーを購入したい場合には、やはりブランド物の毛皮を購入するのが安心ですね。

ミンクの毛皮について

毛皮

毛皮にもいろいろな種類があり、セーブル・チンチラ・ラビットやフォックスなどがありますが、“毛皮”と言えば多くの方は“ミンク”を連想するのではないでしょか。
それだけ“ミンク”は、昔から憧れの存在なのです。

ミンクの特徴

“ミンク”という名前は知っていても、「本物は見たことがない」「どんな毛皮なの?」「何色なの?」とミンクに関する知識がない方はおおいのではないでしょうか。
ミンクは非常に美しい毛皮です。
基本的に濃褐色ですが色の展開は多く、ホワイト・プラチナ・サファイヤ・バイオレット・パステルなど、毛の色は宝石や貴金属の名前で呼ばれています。
ミンクは『イタチ科』の哺乳類で、あまり大きな動物ではありません。
また、元々は濃褐色の動物だったのですが、毛皮を取ることを目的として養殖される中で突然変異で色に変化があり、いろいろな色の毛が作れるようになったと言われています。
さらに染色の技術も進み、現在では数十色のミンクの毛が我が作られています。
ミンクの毛の質は短く密生した綿毛で、保温性・保湿性に優れ、湿気を放出する特徴があります。
非常に光沢があって美しく耐久性にも優れており、縫製に適した薄くて丈夫な皮です。

ミンクの手入れ

上記にもありますように、ミンクの皮は薄くて丈夫で非常に軽く、実用的な毛皮です。
さらに非常に美しく、多くの方が憧れる質感と色合いを持ちあわせています。
宝石に例えられるその美しさは、実用性と相まって人気を集める大きな理由となっています。
薄くて丈夫な毛皮であることで、複雑な縫製が可能なため、デザイン性に富んだコートの作成が可能となっています。
短い毛足に密集した綿毛の毛質がコートの温かさと着心地を実現し、心地よい手触りや美しい光沢が魅力的来な毛皮です。
実は、ミンクの毛質はオスとメスで異なり、オスは割と大きく毛艶も良く刺毛が長いのが特徴です。
オスのミンクは、衿の部分やストールに使われています。
メスは非常にしなやかで皮が薄く着心地が良いため、コートに使われています。
いずれも耐久性に優れており、きちんとお手入れをすれば長期に渡って着用することができるでしょう。
気を付けなければいけない点として、湿気と埃があります。
保管場所の湿度は低めに保ち、木製の太めのハンガーにかけ、誇り除けのカバーを必ずつけてください。
さらに、着用後のコートは埃を落とすために逆さにして、毛の間の埃もしっかり落としてください。

ミンクのコートの人気

ミンクのコートは非常に高価ですが、安定した人気を集めています。
男女共に好まれる毛皮で、毛皮そのものが軽くて着心地がいいため、一度ミンクを知るとやめられないとも言われています。
ミンクを好む方は何着も色違いでミンクのコートを持つ方も多く、流行り廃りに関係のない毛皮だという定評があります。
ですから中古品のミンクを手放す場合にも、需要があるため比較的高値が付きます。

ミンクの生態

ミンクはイタチ科の動物です。
北アメリカを原産地とし、ヨーロッパや中国、ロシア、日本に分布しています。

コート一着にミンクは30頭以上必要となりますので、高価であることも頷けますね。
日本では毛皮を取ることを目的として、1930年頃に北海道に持ち込まれ養殖されています。
ただし、養殖から逃げ出したミンクの野生化が問題となっており、現在では北海道以外でも宮城県や福島県、群馬県、長野県でも確認されています。
長野県の千曲川流域では、野生化したミンクが繁殖して漁業被害を与え、さらに小型哺乳類やタンチョウの雛の捕食、在来種のイタチ類の駆逐など、生態系への悪影響が問題視されています。

また、ミンクは外来生物法で特定外来生物に指定されており、檻の二重化やマイクロチップの埋め込みなどを行った上で環境省への申請をして、飼育許可を得ることができます。

最新の記事 »