毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮買取について

毛皮の宅配買取のメリットは?

価格は高いけれどそれだけの魅力のあるブランド品は、多くの人にとって購入する時にワクワク感が得られるものですし、また持っているだけで満足感を持つことができるものです。
そのためブランド品を集めている人も、中古でいいから手に入れたいという人も大勢います。
そのため、持っているブランド品を何らかの理由でお金に替えたくなった人と、中古で安く手に入れたい人の両方にとって役に立つ、ブランド品の買取店が人気を集めています。
そういった買取店では、基本的に店頭買取、出張買取、そして宅配買取という三つの買取方法が用意されており、それらの中から自分にとってメリットがあるものを選べるという点も、そのようなサービスを利用したいと思う人にとって大変ありがたいものと言えるでしょう。

ブランド品と一口に言っても、その種類には様々なものがあるので、自分の手持ちのブランド品を売りたいと思う場合には、その種類の製品の買取に特に力を入れているお店を選ぶ方が、査定額が高くなる可能性が高いのでオススメです。
特にロングコートのような毛皮製品は一般的に購入する際の価格が高いものなので、後で損をしたと思って後悔しないためには、できればその分野に強いブランド買取の専門店を利用するといいでしょう。

また毛皮製品にはその原料となる動物の種類によって、刺毛の美しさや綿毛の密度の濃さといった特徴があり、それらによって人気の高さ、査定額の相場などに違いが生じるということも、毛皮に関する豊富な知識と経験を持ち、適正な価値を判断できる査定員がいることが期待できる専門店の方がおすすめできる理由です。
例えば定番と言えるミンクコートは、刺毛のつやも綿毛の密度による保温力も共に優れている、セーブルコートは軽いのに保温力が高いといった特徴があったり、またフォックスと一口に言ってもブルーフォックスやシルバーフォックス、レッドフォックスなどの違いがあるといったように、毛皮の世界はなかなか奥が深いものなのです。

そんな毛皮製品を専門店に買取に出そうと思った時に、上記の三つの買取方法からどれを選ぶのかを考える際には、ほとんどのお店がどの買取方法であっても無料査定を行ってくれるので、それぞれのメリットを知ることがまず肝心となります。
例えば店頭買取には査定からお金が手に入るまでの時間が短い、出張買取には繊細な毛皮製品を自分で移動させる場合に、ダメージを与える恐れがないといったようにです。
それでは、ここからは宅配買取のメリットについて少し詳しく見て行きましょう。

宅配買取のメリットとしてまず挙げられるのは、自分の都合のいい時間に利用できるという点です。
品物をお店に持って行くにも、査定員に自宅まで出張してもらうにも、当然お店の営業時間が関係してきますし、お店の忙しさによって待たされてイライラする場合も考えられます。
その点宅配買取であれば、自分の手の空いた時間に売りたいものを梱包しておき、宅配便で送れば自分のやるべきことは終わるので、後はメールで査定額が伝えられるのを待って、買取を承諾するか断るかを決めるだけとなります。

次に挙げられるのが、どこに住んでいても買取を申し込めるという点です。
店頭買取であれば、近くにお店がなければ利用しにくいですし、出張買取においても、査定員の出張範囲はある程度限られています。
その点宅配買取であれば、自宅とお店の距離は何の障害にもならないと言えます。

最後に挙げられるメリットは、査定員と直接顔を合わせなくても済むという点です。
査定員が提示した金額が不満であっても、面と向かってだと相手のプレッシャーを感じたり、時間をかけて査定してもらったのに申し訳ないと感じて、断るのは難しい思ってしまう人もいるでしょう。
しかし宅配買取であればメールのやり取りだけなので、プレッシャーもうしろめたさも感じることがありません。

毛皮のバッグの買取価格の相場はいくらぐらい?

毛皮商品は、利用されている動物の種類によっても値段が違い、また利用されている毛皮の量によっても違ってきます。
ファーコートとなると、たくさんの毛皮が使用されることから高額になり、さらにロングコートとなればショートコートの二倍の毛皮量を使用することもあるので、さらに高額となってしまいます。
けれども、バッグになると小ぶりであることから使用量も少なくなり、より手頃な価格から手に入れることができます。

ファッションには流行がつきまとうものであり、若い頃に流行っていたデザインの毛皮のバッグでも、時とともに流行おくれとなって持つのも恥ずかしくなってしまうことがあります。
また、自分のファッションスタイルが変わって、毛皮アイテムは合わなくて使わずにクローゼットの中にしまったままにしているものがあるという人もいるでしょう。
そんな時には、買取サービスがおおいに役立ちます。

毛皮の買取では、動物の種類や産地、ブランド品であるかどうか、コートやバッグなどのアイテムの種類によっても査定額が違ってきます。
さらに、商品を購入した時の価格も参考にされますが、今の状態によって査定が進められることになります。
どんなに高い値段で手に入れたものであっても、手入れを怠っていれば毛が劣化して商品価値が下がることになります。
総合的な評価で査定額が決まるものであり、店舗によっても査定の評価ポイントに違いがあるので、無料査定を利用してみると役立ちます。
その商品をいくらで買ってもらえるのかを教えてもらえる査定は、気軽に利用ができるサービスです。
買取取引をしなくても、キャンセル料が取られるということもありません。
また、売りたい時にも買取料がとられることもありません。

ただし、査定に出すときは時期も重要になってきます。
店舗としては、冬の終わりに毛皮商品を買取で仕入れても、春ものを売り出していて冬物はセール価格に下げていることになるので、毛皮は安い査定額を提示することになります。
つまり、この時期に買取に出してもいい価格がつくことは期待できないものです。
とくに、フォックスのようなふんわりとした毛足が長いものになると、あたたかくなり始めた時期には全く需要がなくなってしまいます。
しかし、毛足が短めのサガミンクなどの種類であれば、着用シーズンが長いこともあって冬に入った頃に買取に出してもいいでしょう。いずれにせよ、良い価格で売りたいというのであれば、肌寒くなり始めた秋に出すのがベストとなり、時期が遅れてしまったのであれば来年まで寝かしておくのも賢い取引方法ともなります。
来年買取に出すのであれば、状態を劣化させないようにすることが大切です。
毛がつぶれて寝てしまわないように注意をして保管をし、ブラッシングをしてほこりやゴミをはらい落としておきます。
ブラッシングは毛並みを整えて光沢も出すことができ、早めに手入れをしておけばきれいな状態を保つことにも役立ちます。

このように、毛皮の種類や品質など、毛皮のバッグという点だけでは買取相場はそれぞれに違ってきます。
ブランド品や今流行っているデザイン、希少性の高い動物の毛皮であれば高価買取も期待ができますが、毛が抜けていたり寝ているなどマイナスの商品状態であれば、ひどい状態になると1円にもならないことがあります。
もともと高価なものでもあるので買取価格に期待をしてしまいがちですが、無料査定を受けて現状を知ることは欠かせません。
また、1店舗にだけ出して満足することなく、複数の店舗に出して査定額を比較してみます。
そうすれば、相場を知ることができるとともに、売るのにベストな店舗を見つけ出すこともできます。

毛皮の出張買取のメリットは?

手元のブランド品を買取という形で処分する人は大勢いるので、街のリサイクルショップやネット上の買取専門店など、そういった人たちが利用できるお店の数はとてもたくさんになっています。
そのようにブランド品を買取に出す動機としては、もう使わなくなったものを置いていても、保管場所を無駄に使うだけなので邪魔になることや、ある程度まとまったお金を手に入れたくなったことなどが考えられます。
ブランド品はどれも基本的に、購入する際に支払う金額が大きいものですが、ロングコートなどの毛皮製品は特に高額な場合が多いです。
そのためたくさんの毛皮製品が、保管場所が無駄になると感じるほどほど家の中にあるという人はそれほどいないと思われるので、毛皮製品を買取に出す大きな理由としては、やはりお金に替えたいという動機による場合が多いと言えます。

そうなると、やはり色々な商品をまとめて扱っているようなお店よりはブランド品を専門に扱うお店、特に毛皮に力を入れているを選ぶ方が良いでしょう。
毛皮製品には有名で人気の高いミンクコートを始めとして、フォックスやチンチラ、ロシアンセーブルなど色々な種類のものがありますが、それらの正しい価値や品質をしかりと見極めて、適正な査定価格を提示してくれると期待できるのは、専門的な知識を有する鑑定士がいるはずの専門店だからです。

毛皮製品を専門店に買取に出すことを決めた場合には、次にどういった買取方法を利用するかを選択することになります。
自分でお店まで売りたい毛皮製品を持って行くという、昔からある方法で多くの人がイメージしやすい店頭買取、自分で売りたい毛皮製品を梱包して、宅配便などで送って査定してもらう宅配買取、そして鑑定士に自宅まで来てもらって査定を受ける出張買取です。
一般的にそれらの買取方法のどれを選んでも無料査定が受けられるので、どれを選ぶかはそれぞれのメリットを考えると良いでしょう。

店頭買取は直接鑑定士とやり取りできるという安心感はありますが、自分が行ける範囲に専門点がある場合でなければ、移動したり品物を持って行ったりするのに時間や手間がかかります。
それ以外の二つにはそういった手間がかからないというメリットが共通していますが、出張買取にはそれならではのメリットもあるので、それを選択する人が大勢います。

宅配買取にはない出張買取のメリットして挙げられるのは、店頭買取と同様に鑑定士と顔を直接やり取りができるという点です。
宅配査定の金額に満足できなければ、送った品物を送り返してもらう際の送料がかかるお店もあるので、査定額に不満があってもそのまま売ってしまう場合は少なくないかも知れません。
その点出張買取であれば、査定額に満足できなければその場で買取を拒否できるので、そういった心配をする必要が無いのです。
さらに、どういった基準でその査定額になったのかについて質問したり、もう少し高くしてもらえないかといった交渉ができるという点もメリットとなります。

ただ気の小さい人にとっては、面と向かって鑑定士と会話する場合にプレッシャーを感じてしまい、不満があってもそのままの価格で売ってしまわないように、メンタルを強く持つことが肝心になるかも知れません。
ただこの場合も自宅という自分のテリトリー内でのことなので、相手のテリトリーであるお店の中よりはプレッシャーを感じにくいはずなので、それも一つのメリットだと言えるでしょう。

そして出張買取ならではのメリットとなるのが、毛皮製品を傷めないで済むという点です。
自分自身でお店に持って行く場合にも、箱に詰めて送る場合にも、繊細な毛皮製品を傷めて査定額が低くなるリスクがありますが、そういったプロセスを経ない出張買取には、そのような心配がまずないのです。

有名ブランドの毛皮は高額買取される?

海外の有名デザイナーのロングコートや国内の大手メーカーが作ったミンクコート、母親や祖母から譲り受けた高級な毛皮などが手元にあって、もう流行が過ぎてしまったりサイズが合わなくなったので処分したいと思ったら買取に出すのが一番です。
毛皮は高級感があって防寒性にも優れているので最注目されていて、ファッションアイテムとしても特別な雰囲気を演出できるので若者から中高年まで誰もが憧れます。
中古の需要も高いので、買取でも高額で売れる可能性があります。

査定価格を決めるときにチェックされるのは、毛皮の状態や裏地のコンディション、全体の見た目やデザイン、新品購入時の値段などで、特に現在の状態は大切な要素です。有名ブランドの毛皮はノーブランドのものよりも高く売れる可能性があり、特に品質保証書や本物である証明書などが手元にあれば、偽物ではないことを公式に証明できて購入年月日やどのお店で買ったのかなどがすぐにわかるので査定がしやすくなります。
人気のあるフォックスやセーブル、刺毛加工が施してあるもの、流行にとらわれないデザインのものは高額査定が狙えて、まだ新しい品物ならかなりの値段で売れることも期待できます。

ブランド品の毛皮を買取するときには、持ち歩いて店頭まで行くのが大変で途中で汚したり傷をつけてしまうのを避けたり、重いロングコートを持って長時間移動する手間を省くためにも宅配査定を受けるのがおすすめです。
オンラインや電話で申し込みをすれば無料査定ができるキットを送ってもらえるので、査定をしたい品物を詰めて送り返すだけで簡単に買取の価格がわかります。
有名ブランドの毛皮ならオンラインのフォームに商品名やブランド名などを入力するだけで行える査定方法もあり、大まかな値段を知りたいときに役立ちます。

店舗に行って査定を受けるのが面倒なときは、査定員が自宅まで来てくれる出張査定を利用する方法もあります。
売りたい毛皮がたくさんあって郵送だと嵩張りボックスに入りきらないときや、持ち込みをするのが困難な場合に役立つシステムです。査定員はプロなので細かい点までしっかりと鑑定をして、ブランドの価値やもう生産中止になっているアイテムのレア物価値なども考えて価格を決定します。
人気のあるデザイナーや海外の有名ブランドの毛皮なら高額買取のチャンスもあり、ノーブランドでも毛皮の質がよくて保存状態が優れた品物であればブランド物と同じくらい高い値段で取引されています。
逆に、どんなに有名なブランド品でも毛が抜けている部分やカビ、大きな汚れ、裏地のシミ、使用感が目立つような状態だとあまり高い値段では売れません。
場合によっては査定を受ける前に徹底的なクリーニングをしたり、修理に出してきれいな状態にしておいたほうが最終的に大きな利益につながることもあります。

毛皮のコートやマフラーは大切に使えば一生物になるアイテムです。
ミンクコートやセーブルなど素材そのものが貴重で高級な毛皮は買取でも高額で取引されているので、もう使わないものが手元にあるなら早めに査定を受けて現金化してしまいましょう。
有名ブランドの毛皮は中古でも欲しがる人が多くて、世界中で品薄になっているアイテムもあります。
保存状態がよければかなり古い商品でも高額買取ができるので、将来買取を利用するつもりなら普段から大切に扱ってこまめにお手入れをしたり、プロのクリーニングサービスを頼んできれいにしておくのがおすすめです。
毛皮は単価が高いので手っ取り早くまとまった金額の現金を手に入れるのに最適です。
使わないブランド物の毛皮のコートやジャケットは買取に出して有効活用しましょう。

毛皮買取の査定評価の基準は何?

フォックスのロングコートやミンクコートなどを処分したいというとき、リサイクルショップなどでも買取をしてもらうことはできますがやはりプロの査定を受けて買い取ってもらいたいと思います。

なのでブランド品や毛皮などの買取をしている専門店を利用するようにしています。
専門知識があるプロの査定士がしっかりと品物を見て査定をするのでその品物にあった金額を提示してくれるという安心感があります。
リサイクルショップなどでは買い取ることができないといわれたものでもプロの査定士の方はきちんと買い取ってくれるので買い取ってほしいものはすべて任せることができるのがいいです。

査定額もその品物をプロの目線でしっかりと査定をして決めてもらうことができるので、納得して買い取ってもらうことができるのがいいです。
プロの査定士ならどんな動物の毛を使っているのか、刺毛のことなどもしっかりと理解したうえで買い取ってくれます。

買取専門店では色々な品物を買い取っていますが、査定方法を選ぶことができるお店が多いです。
店頭での査定はもちろん、宅配査定、出張査定など無料査定を受けられる方法を自分の都合で選ぶことができるので便利です。
無料査定なので遠方の場合は宅配査定、品物が多い場合は出張査定、店舗が近いときは店頭での査定とわけて考え、選ぶことができるので買い取ってほしい品物の数などで決めるといいです。

実際に一度毛皮の無料査定の出張査定をしてもらったことがあります。
品物はミンクコートでしたがしっかりと査定をしてくれるのを目の前で見ることができました。
提示された査定価格も納得ができるもので、きちんとどんな理由でその価格になったのかを説明してくれました。
その場で現金で買い取ってくれたのでわかりやすかったです。

毛皮を買い取ってもらうときにはその毛皮の需要がどのくらいなのかということが大切です。
需要のある毛皮はいくつかありますが、一例をあげるとミンク、セーブル、チンチラ、そしてフォックスなどがよく見かける種類です。
毛皮を取り扱っているブランドもあります。
有名なブランド品だとエンバ、特に高品質なミンクやフォックスならサガという名称がつきます。
サガミンク、サガフォックスと呼ばれる毛皮はとても需要が高い品物です。

毛皮は大きければ大きいほど値段が上がりやすいといわれています。
例えばロングコートは需要が高い品物として買い取られることが多く、買取相場が高い傾向があります。
サイズは平均で90センチから110センチです。
ハーフはお尻がぎりぎり隠れるくらいの長さで製品ごとに大きさの違いがありますが、大体サイズは平均で70センチから90センチほどのものが多いです。
ショートは若年層を中心に需要が高まっており、サイズの平均は50センチから70センチほどです。
ほかにも同じく若年層に人気が高いベスト、ショールや小物類などもありますが、様々なデザインのものがあるのでそれぞれで価格が違います。

毛皮買取の査定評価の基準は毛皮の種類と状態です。
この二つの条件を満たしている品物が査定評価の高いものとして工学査定になります。
査定評価が高い品物だと判断されるためには日ごろからのお手入れが大切です。
また買い取ってもらうときに大切なことがあります。
それはワシントン条約です。
この条約にひっかかるような毛皮は買い取ることができないので持ち込まれても査定をしてもらうことができないので注意が必要です。

毛皮はとてもデリケートな品物です。
なので日ごろからきちんとお手入れをしておくこと、保管状態をよくすること、そして購入してからできれば2年以内の品物であることなどで高額査定になる可能性が高いです。

毛皮は店舗に持ち込みで買取してもらったほうが高く売れる?

手持ちの毛皮を現金化してまとまったお金を手に入れたいときや、服の整理をしていてもう使わない毛皮を処分したいときに便利なのが買取サービスです。
特にロングコートなど高額な製品は買取でも高い値段で取引されているので、状態によってはかなりの収入が期待できます。

ミンクコートやフォックスのジャケットなど毛皮を買取したいときには、実店舗に持ち込んで行う方法とオンラインで買取をする方法があります。
店舗が近くにない人はオンラインが便利で、業者が用意する専用のボックスを使って宅配査定を受けたり、動物の種類やブランド品のメーカー、型番などを入力してフォームを送信するだけの無料査定を実施しているサイトもあります。

査定額はオンラインの無料査定や宅配査定でも、店舗に直接持ち込む場合でもお店によってかなり差があるのでどこが一番高く売れるとは断言できません。
刺毛の加工がしてあるものや、セーブルを使った最高級のコート、ブランドの毛皮マフラーなどは購入価格がどんなに高くても、状態によって買取価格が変動するので実際に査定を受けるまではいくらくらいで売れるのか分かりません。

店舗に持ち込みで買取をするメリットは、その場で専門家の鑑定を受けて正確な値段を伝えてもらえることです。
待ち時間がなくて自分の目の前で査定を行ってもらえるので素早く結果がわかり、納得できない部分があれば直接質問をしたり値段交渉を行ったりできて、持ち込んだその日に現金を手にすることができます。
デメリットは、買取価格の比較をするのが面倒なことです。
持ち込みをした店舗の査定が高いのか低いのかわからないので、実店舗をいくつも回って店頭で査定を受け直すことになって余計な時間がかかり、店舗の場所が離れていると移動するのも大変です。

オンラインで買取をすると、複数の業者を自宅から簡単に比較できるメリットがあります。
何度も同じデータを入力しなくても比較サイトを使えば1回で複数の買取ショップから見積もりを取ることができるので、どの店が一番高く売れるのか比べるのが楽です。
個別に査定を受ける場合でもわざわざ店頭まで足を運ぶ必要がなく、送られてくる郵送キットを使って品物を業者に送れば査定ができます。
特に、重いロングコートや複数の毛皮製品をまとめて売りたいときには全てを持ち歩いて店頭に行くのは大変なので、宅配査定のほうが便利です。
デメリットは、査定結果が出るまでに時間がかかることです。
特に宅配だと商品が届くまでの時間と査定にかかる時間を計算する必要があり、買取をしない場合は送り返してもらうための日数もかかるのでその場ですぐに現金が手に入るわけではなく、ある程度時間に余裕がないと納得できる買取ができません。
複数の業者に見積もりを依頼しても全ての店が同時に結果を送ってくれるわけではないので待ち時間も考慮することが必要です。

毛皮の買取は、店舗に持ち込んでもオンラインで行っても価格は業者によって違うのでどちらが絶対にお得とは言えません。
なるべく早く現金を手に入れたいなら持ち込んだほうが査定が素早くできて、交渉が成立すればその場で手持ちの毛皮を現金化できるのがメリットです。
時間に余裕があってじっくりと複数の業者を比較したいときや、毛皮の数が多くて持ち込むのが困難な場合にはオンラインや宅配のシステムが向いています。

ミンクコートやセーブルは上手に買取をすればかなり高額で売ることができるので、お小遣い稼ぎやまとまった資金作りに活用できます。
どの業者でも査定は無料で受けられる場合がほとんどなのでまずは試しに査定をして、相場がどれくらいなのか知っておくと有利な買取ができます。

毛皮を高値で買取してもらうコツは?

以前は高級衣類の代名詞とも言われた毛皮のコートですが、最近ではあまり着ている人を見かけなくなりました。
しかし毛皮は、絶滅の恐れのある野生動物を規制する条約、いわゆるワシントン条約に日本が批准して以降、流通が激減したのです。
つまり現在は流通できない野生動物の毛皮は高値で売買される可能性があるのです。

親の遺品の中に毛皮のロングコートがあったというような人はチェックしてみるといいでしょう。
使用していない毛皮を無料査定に出すことで、思わぬ査定額がつくこともあります。
しかしいくらソボル・フォクシー・フェンディ・グッチなどのブランド品を高値で購入したものであっても、保管方法がよくないと毛皮はすぐに悪くなってしまいます。

毛皮は埃を吸い込みやすく、一度着ただけでも多くの埃を吸い込んでしまいます。
そのままの状態で保管すると、毛が抜ける原因となります。
また、汚れや埃を取るだけでなく、温度や湿度、通気性にも気を遣って保管する必要もあります。
ただ保管しておくだけでも、毛皮は手間がかかるのです。

これから先着用する機会がないのであれば、一度査定に出してみる方がいいでしょう。
査定価格はこうした現在の保管状況によっても大きく変わってきます。
そしてもっとも大きく査定額が変わるのは、毛皮の種類です。

最高級品はロシアンセーブル・チンチラ・エンバなどです。
特にロシアンセーブルの中でも白毛や銀毛がはいったフルシルバリーといった毛皮は大変貴重であり、高値の買取となることが多いです。
その他にもミンクコートも比較的価格がつく毛皮です。
サガミンクといった品質保証をされているものであれば、より期待も出来ます。
一方で、フォックス・ラビット・リス・ムートンなどはあまり価格はつかないとされています。

毛皮には、動物の種類も大切な品質条件となりますが、毛の質によっても大きく評価は変わります。
良い毛質の条件としては、刺毛と綿毛のバランスがちょうど良いもの、光沢が美しいもの、模様が鮮明なものといったものがあげられます。
刺毛はガードヘアとも呼ばれ、弾力性と耐久性に優れており、体を守る役割があります。
毛皮のツヤや美しさを現すものであり、動物そのものを示す特徴でもあります。

一方綿毛は、刺毛の下に生えており、短くて柔らかなふわふわした毛になります。
表面に現れることはありませんが、これがあることで温かい空気の層が出来、防寒性を高めることになります。
見た目の美しさは刺毛で決まりますが、毛皮の評価はこの綿毛の密度によっても大きく左右されるのです。

毛皮の買取価格は上昇するのは、本格的な冬シーズンに入る前の秋口と言われています。
需要がない時期に査定に出すと、せっかくの毛皮もあまりいい値がつかないこともあります。
涼しくなる10月ごろから徐々に上がり始めるとされているので、手元にある場合にはこういった季節を選んで査定に出すといいでしょう。

毛皮の査定というと、店舗での査定と宅配査定とがあります。
毛皮買取店が近くにないという場合でも、いろいろな形で毛皮買取業者を利用することが出来ます。
かさばる毛皮を店舗に持っていく事が大変という場合は、出張査定がオススメです。
自宅に査定員が来てくれるので、なにも準備する必要はありません。
自宅に査定員が来るのは避けたいということであれば、宅配査定も便利です。
連絡をすると査定に必要なキットを無料で送ってくれます。
自分で梱包をして、査定業者に送り返すだけで準備は完了です。

どのような査定方法でも、自分で納得のいく査定額がつかない場合は買取を断ることもOKです。
ただし、無料でいきなり訪問してくるような業者には気を付けた方がいいでしょう。
信頼できない業者を家に入れることは避けた方が無難です。

ある程度ダメージのある中古の毛皮でも買取してもらえるの?

毛皮は動物の皮から作られているので、どうしても劣化は避ける事ができません。
また利用すればどうしてもダメージを受けてしまうことも有るので、抜け毛等が生じてしまう事は多々あります。

現在では不要となった毛皮を買い取っている業者も存在しています。
その査定額は毛皮のサイズに比例しているばあが多く、ロングコートの方がハーフコートよりも高額買取となる場合が少なくありません。
またミンクコートやブランド品の場合は、他の毛皮やノーブランドの時に比べると査定額がアップする傾向です。
それ以外にもセーブルやチンチラ、フォックス等が買取り市場では高額査定となっている場合があります。

また現在では業者による無料査定も行われており、さらに店舗だけでなく宅配査定も行われています。
その為、自宅の近くで毛皮買取業を営んでいる業者がいなかったとしても、処分する事は十分可能です。

しかし、ミンクやフォックス、セーブル等の毛皮であれば高額査定が期待できるかと言ったらそうではありません。
確かにブランド品で人気の高い毛皮の方が高く買い取ってもらいやすいのですが、着用によるダメージや保存状況が悪い場合は、美品に比べるとどうしても査定額は安くなりがちです。

チェックするポイントとしては、軽く毛を引っ張るとすぐに抜けてしまうかどうか、さらに光沢や艶があるかどうかなどです。
抜け毛はダメージの代表的な例ですが、見栄えも悪く、高額査定はあまり期待できません。
また高他う句が無い場合も劣化している証拠なので、高い評価は期待出来ないのです。
また日焼けにも注意する必要があり、購入した時よりも風合いが劣ってしまっている場合もあります。

ただ、中古で、さらにある程度ダメージがある毛皮の場合は買取りは絶対に不可能と言う訳ではありません。
確かに保存状態や着用した時の環境等によってダメージを受けてしまっている場合は、新品に比べると査定額模安くなってしまう場合が多くなって居ます。
しかし、利用する業者に余っては毛皮に対する正しい知識を持っており、ダメージを受けていたとしても、さらに古い物だったとしても、適正な査定額を提示してもらえる場合も多々あります。

さらに、ダメージを受けている中古の毛皮の場合、実店舗では値段が付けられない、査定できないと言われてしまった場合でも、ネット上の業者の場合は査定して買い取ってくれる場合も有ります。
基本的には少々のダメージがある程度であれば美品よりも安い査定額となるだけですが、ある程度のダメージがある場合は業者によっては買い取が出来ないと言われてしまうことは珍しくありません。
これは、買い取った後の毛皮の処分方法がなく、業者が在庫の処分に困ってしまうからです。
しかし、業者の中にはダメージを受けていても査定してくれる所もあるので、まずは複数の業者に査定を依頼する様にします。
そうすれば買い取ってもらえないからと言って困る事も少なくなるからです。

素人の目から見ると、ダメージがある程度ある中古の毛皮の場合、買取は出来ないから捨てるしかないと判断してしまう事は決して珍しくありません。
しかし、利用している毛皮の量が多ければ、それだけ高い価値があるので買取りとなる場合も多々あります。
もちろん買取り額は安くなる場合も有りますが、ハーフコートや毛皮を利用した小物でも業者によっては買い取って貰えるでしょう。

ただ注意したいのはかなり古い毛皮です。
どれだけ綺麗な物だったとしても、ワシントン条約によって禁止されている物は買取りは出来ません。
また過去はワシントン条約の対象となっていなくても、現在では対象となっているものもあるので、それに関しても買取りは不可能です。
ただ、それらを除けばある程度ダメージがある毛皮でも買取りの可能性はゼロではありません。

毛皮の買取価格の相場はどんなもの?

冬の寒い時期に活躍する素材として毛皮がありますが、さまざまな動物が原料となって作られています。
毛皮には二種類の毛が生えているものであり、目に見える部分に生えている毛は刺毛と言われています。
上毛もしくはガードヘアとも呼ばれるこの毛は、弾力性や耐水性に優れており、体を守るための重要な役割を持っています。
美しい艶があり、さまざまな色や模様が入っていることもあります。
毛皮となっても、この刺毛を見れば動物の種類を判断することができるように、動物による特徴が大きく出る部分でもあります。

一方、もう一種類の毛は綿毛と呼ばれており、下毛もしくはアンダーファーと呼ばれます。
表面からは刺毛をかき分けてみないと見えない部分であり、刺毛の下に短く生えているやわらかい毛になっています。
細かい密度で毛が生えていて保温の役割を持っており、毛の密度が高くなるほどに高級な毛皮となってきます。

寒い地域でも動物は毛皮があることによってあたたかく過ごすことができるのですが、人間の場合には寒くなると洋服を着るということで体温が下がるのを防いでいます。
毛皮は、寒い時期に人間が着るための素材として欠かせないものであり、さまざまな動物の毛で商品が作られています。

毛皮の洋服は、ファッションアイテムでもあるので流行に左右されることになります。
また、昔は毛皮が似合うようなファッションスタイルをしていたという人でも、最近ではカジュアルなファッションを好むようになって着なくなってしまったということもあるものです。
毛皮は手入れ次第で子供や孫の代まで着ることができるのですが、自分ではもう着なくなって処分に困っているのなら買取サービスを利用してみるといいでしょう。

毛皮の買取では、動物の種類によっても査定額が違ってきます。
フォックスは、ふんわりとした毛並みに毛皮らしさがあり、ゴージャスな雰囲気を出すことにも役立つのですが、毛足がそれほど長くなくても高級な毛皮にミンクやセーブルなどがあります。
ミンクコートになると、毛皮のことに詳しい人であれば一つは持ってみたいアイテムともなり、さらにロングコートとなるともともと小さいミンクをたくさん使うことにもなるので、驚くような価格にも跳ね上がってしまいます。
しかし、買取に出すとなると買った時の価格から比べてがっかりするような査定額になってしまうこともあります。

毛皮買取では、さまざまな要素から値段が付けられることになります。
毛皮の種類以外にも、ブランド品であるかどうか、商品の状態が良好であるかという点も重要です。
いくらいい物であっても、手入れを怠って毛が抜けてしまった状態では査定額に期待ができません。
全く同じものを持っていた人と一緒に査定を出しても、価格に差が出ることもあるのです。
このように、毛皮の買取価格は相場というものがないことにもなってきます。

自分の持っている毛皮がいくらになるのかを知りたいのであれば、無料査定を受けてみるといいでしょう。
また、店舗によっても査定額に差が出ることもあるので、複数の店舗に相見積もりを出して比較してみることも重要です。
近くに毛皮を買い取ってもらえる店舗がないという人であれば、宅配査定でも利用することができます。
この場合には、手数料が店舗によっても違うことがあるので、事前にシステムのチェックしておくことは欠かせません。
売れずに1円にもならなかったのに送料だけが請求されるようでは、無料査定であったはずが出費だけがかかることにもなってしまいます。
毛皮はもともと値段が高いものでもあるので、査定額が大きく開く可能性があります。
賢い取引ができるように、工夫しながら利用してみるといいでしょう。

古い毛皮でも買取してもらえるの?

毛皮買取をしてらう時にさまざまな疑問があると思いますが、そのなかで古い毛皮は買取してもらえるのか、買取してもらえても査定価格は高くなるのかといったものがあるでしょう。

まず答えから言いますと昔の毛皮であっても買取はしてもらえますし、毛皮のコレクションを趣味にしている人も大勢いますので逆に古いものだからこそ高くなるパターンやブランドものだからこそ良いという場合もあります。
フォックスやセーブルといった毛皮の種類もたくさんありますが、古いものだからこそ価値が高いという事もありまして、無料査定でじっくり見てもらった方が良いでしょう。

毛皮のロングコートであろうと、ミンクコートであろうと高く買取をしてもらう方法はいくつかあります。
最近の傾向で言いますと店舗の買取よりも宅配査定の方が高くなる傾向にありまして、そちらを利用される方が多くなっています。

宅配査定をする方が多くなっている理由は複数ありまして、毛皮のような大きな荷物を持ち運ぶのはとても大変だからです。
単純に店舗まで持って行くのが大変という事もありますが、毛皮のコートはとても汚れやすいので持ち運び中に汚れてしまうと価値は下がってしまいます。
動物の刺毛は繊細でもありますので綺麗にしておく必要がありますし、古いものだからこそたくさん自宅に仕舞っている方も多く持ち運びよりも来てもらうか、宅配で運んだ方が良いのです。

もう一つの理由になっているのが店舗を持たない買取業者の方が高い査定額を出してくれるからです。
店舗経営だと固定経費や人件費といった経費が多くかかってしまうので買取金額にも反映されてしまい、有名会社でも広告に力を入れている分だけ買取金額が低くなる傾向があります。

インターネットで口コミで経営している毛皮の専門買取業者の方が古い毛皮でも価値をよく知っていますし、避けない広告費や経費がかからない分だけ、しっかりとした査定額を出してくれます。
宅配買取であっても無料査定をしてくれるので安心して利用する事ができますし、古い毛皮も丁寧に取り扱ってくれます。

古い毛皮のロングコートやミンクコートになるほど買取業者の選択がとても重要になりまして、年々毛皮の需要は少なくなっています。
だからこそ古いコレクション性の高い毛皮の方が逆に価値が高くなっている傾向にあります。

ではコレクション性がそれほどない古い毛皮だと買い取ってもらえないのかという疑問が残りますが、毛皮の専門業者であれば何も問題はありません。
専門業者は独自の販売ルートをもっていまして、需要が減少している毛皮ではありますが国内の小売だけではなく海外にも販路を持っていますから古いものでも買い取ってもらえます。

これが国内販売だけになりますと需要の高いものか、コレクション性の高いものしか買い取ってもらえなくなり、古い毛皮は取引をしてくれない事になりますが海外にも販路をもっていますから適正価格での買取が見込めます。

宅配査定に心配を持っている方もいると思いますが、査定無料であり、フォックスでも買い取ってもらえます。
業者によって対応はかわってきますが、基本的には商品発送は着払いになりますから基本的な手数料が発生せずに取引ができます。

このように古い毛皮であっても買い取ってもらう事が可能となっていまして、コレクション性の高くない毛皮であっても業者をしっかりと選ぶ事によって買取可能です。
買取業者の多くは購入してからの年数ではなく状態の良し悪しで判断する事がほとんどなので丁寧に扱っていれば問題はありません。
買取りの事で分からない事があれば事前に電話やメールで相談する事も可能なので聞いてみるのも良いでしょう。

« 過去の記事
最新の記事 »